BLOG

フィリピンダバオ移住生活での日常や子育てなどについてブログに書いています。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. フィリピンダバオの紹介
  4. フィリピンダバオのトイレ事情
フィリピンダバオのトイレ事情

フィリピンダバオのトイレ事情

今回はフィリピンのミンダナオ島にあるダバオのトイレ事情について!
日本人からすると異国の地のトイレはやはり気になりますよね?

 

フィリピンのダバオの気になるトイレ事情。水洗?清潔?臭いは?

「トイレットペーパーはついてるの?」
「トイレットペーパーは流せるの?」
「水洗トイレなの?」
「においや清潔度は?」
「ウォシュレットはついてるの?」
などなどとても気になる点が多いと思います。

 

やはり日本はトイレにおいても世界トップレベルです。
それを基準にしてしまうと外国に行った時に大変苦労してしまいますが、
僕はこれまでにグアム、サイパン、香港、韓国に行った事がありまして、
特に香港、韓国は同じアジアでも日本と大きく異なっていたこともあり、
ここフィリピンに来ても特別驚かなくて済みました。

 

安心して下さいトイレはボットンじゃなく水洗ですよ!

結論から言うと水洗トイレが多いです。
中にはいわゆるボットン便所もあるかもしれませんが今のところお目にかかっておりません。

ですが水洗トイレなのはショッピングモールや飲食店のみで、
ほとんどの場合流れない事が多いのでおけに水を溜めて何度も流すスタイルです。

 

ウォシュレット付きトイレはありません。ついているとしたらシャワーです。

そしてウォシュレットは当然存在しなく、
本当に稀にですがある程度のレストランや割と高級目なエリアにあるファストフード店にシャワーが付いている程度です。
その辺の公園や施設などにはほぼ100%シャワーはついていません。
また、ある程度のコンドミニアムやホテルなどにはついていることが多いと思います。

 

トイレットペーパーは無いと思うべし!

そして個室にトイレットペーパーが備えられていることも珍しいですので、
自分で持参するか、これもたまにある程度ですがトイレ前の自販機で紙を買う形になります。
そして当然日本のようにトイレットペーパーを便器に流す事は出来ませんので備え付けのゴミ箱に捨てる形になります。
これは香港・韓国も同じでした。

 

そこまででしたらまだ全然理解できるというか、まぁそうだろうなくらいで良いのですが(もちろん日本人からしたら辛い部分ではありますが)、
問題は日本のトイレのように清潔ではないという事です。

 

フィリピンのダバオのトイレは臭いがキツイ場合も多い

これはそのトイレの施設にもよって大きく変わりますが、
子供が尿意を催し、コンビニエンスストアのトイレを借りたのですが、
尋常ではない臭いで入ることもままならず結局トイレは利用できませんでした。
そして当然見た目も尋常ではない汚さだったのです。

 

ショッピングモールや小綺麗な施設では、ある程度トイレの清潔度も担保されますが、
それでも一流のショッピングモールですらやはり日本のそれとは比になりません。

 

フィリピンのダバオのトイレは便座が無い事の方が多い

あとは何が一番問題かというと便座がない事が多いという点でしょうか。
公園や路地の公衆トイレならまだ分かりますが、ショッピングモールですら便座が無いことがあります。
かと思えば「あぁこんなところなのに便座があるんだ!」という意外なパターンもあります。
ですが汚い話で大変申し訳ないのですが大抵尿まみれです。
日本のように便座クリーナーなど無論ございませんので、便座があっても90%の確率で座る事は出来ないでしょう。

 

日本でも便座が気持ち悪いといって浮かせて済ますという方もいらっしゃると思うので、
そういう方には問題ないかもしれませんが、例えば脚や膝が痛いという方にとっては苦痛極まりないです。

 

現地在住日本人に聞いた「トイレに便座が無い理由」

そこで、こちらに長く住まれている日本人の方にトイレについて色々聞いてみると、
便座が無いのは便座の上に足をのせて用を足す人が多いため割れて撤去という事でした。
両足ならまだ左右に体重が分散するのでまだ良いのですが、どうやら片足だけ乗せるので片方のみに体重が掛かり割れるという仕組みだそうです。

よく日本に来る中国人の方がこれをやって一時ニュースなどでも取り上げられていましたが、
こちらでもそういう風なスタイルでトイレをする人が多いみたいです。

ちなみに便座が無いトイレでは、現地の方は便器に直で乗って上記と同じように用を足すのだそうです。
そのようなスタイルでの用足しだとして、便座や便器が糞尿まみれになる理由はよく分かりませんが・・・

 

僕は胃腸が弱く、外出すれば必ず数回はトイレに行きますし大変苦労しているのですが、
大人はまだ良いのです。自分でどうにかするからです。
しかし小さな子供がトイレをするときは非常に苦労します。
何をどうして良いか分からない状態だからです。日本でそのようなトイレにお目にかかった経験がないためです。

 

という訳でフィリピンのダバオのトイレ事情について書いてみました。
日本人からしてみるとトイレがアレだとやはりシンドイ部分もありますが、
まぁこれも慣れというか、本当にやばい時はどんなトイレでも駆け込まざるを得ないためいずれは慣れるでしょう。

 

日本ではありえないフィリピンダバオの驚愕トイレ!

p.s.ここまで書いた中のどれよりも僕が一番ビビったのが、
あるショッピングモールで個室に入った時、扉の上も下もかなり空いているのです。
つまり大人であれば立てば平気で覗ける高さ、下も大人の膝上くらいまで空いているので、
わざわざ屈んで覗かなくても少し距離を取れば見えてしまうくらい空いているのです。
この扉を見て10秒くらい思考停止状態になり立ちすくんでしまいました。

ようやく脳みその動きを取り戻したのもつかの間、今度は便座の位置に驚愕しました。
横の壁にほとんどくっついている状態なのです。
要は、通常右足を置く部分が壁なのでどうやって致せば良いの?という状況です。
よっぽど片足を壁にやってアクロバティックな体制を取らなければ致せないという感じです。
そしてもう一つ驚いたのが、隣の個室に入っている人の足がこちらから見えているのです。

上述した通り下の隙間が広いのは分かるけども「なぜここに足?」と。また思考停止状態です。
つまり隣の個室の便器が薄い壁1枚隔てて隣り合っているわけです。
その個室自体は2畳分くらいのスペースがあるにもかかわらずです。
もう訳が分からず便意により死にそうになりながらも僕はそのトイレを後にしましたとさ。

関連記事

Profile

ひーちゃん

2019年12月現在26歳で妻と3人の子供と海外移住!
詳しいプロフィールはこちら

検索




記事一覧

翻訳(Translation)

フィリピン人2名が監修したフィリピン語(タガログ語・セブアノ語・ビサヤ語)翻訳一覧表。フィリピンでの生活には欠かせないフレーズ・単語が一覧になっています。英語・スペイン語・ポルトガル語の翻訳も添えておりますので日本語⇔フィリピン語だけではイマイチピンとこないニュアンスも他言語との比較で分かるかもしれません!

A list of Filipino (Tagalog, Cebuano, Visayas) translations supervised by two Filipinos. A list of phrases and words indispensable for life in the Philippines. Translations in English, Spanish, and Portuguese are also included, so you may find nuances that do not come out well with only Native tongue ⇔ Filipino by comparing with other languages!