BLOG

フィリピンダバオ移住生活での日常や子育てなどについてブログに書いています。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. フィリピンダバオの紹介
  4. フィリピン移住後2度目の食中毒で死にかけたお話・フィリピン料理に要注意!

フィリピン移住後2度目の食中毒で死にかけたお話・フィリピン料理に要注意!

はい、どーもひーちゃんです!
今回はフィリピン移住8か月目の僕が、
移住後にすでに2回食中毒になった経験を基に、
フィリピン料理や食材購入の際の注意点などをお話します。

あなたもフィリピンへの旅行や長期滞在、そして移住の際は本当にお気を付け下さいませ!

一回目の食中毒になった時の様子はこちらに書いています。
◆フィリピンのダバオで食あたり?ノロウィルス?になった件について

フィリピンのダバオで食あたり?ノロウィルス?になった件について

では行きます。

まず気を付けなければならない点として、

  1. トロトロ(turoturo)
  2. マーケットの肉魚野菜
  3. 出店での買い食い
  4. 生物

 

トロトロ(turoturo)とは?危険な理由

トロトロとは、ローカル食堂的な感じで、
道端にお店がありまして、店によって席も用意されている感じです。

種類豊富なおかずをピックアップして、その場で食べるかテイクアウトか。
実はこのトロトロが最も気を付けなければならないと言っても過言ではないものでして、
お店の多くが道端にあるため常に暑いフィリピンでは炎天下におかずがさらされる事となり、
それだけでもヤバそうなのですが、虫も多いフィリピンですからそれも一つの原因かと。

一応、蓋で覆っているお店が多い物の、
開けた時や隙間からハエやアリが入り込む事は珍しくないでしょう。

そして何が問題って、朝バァーっと一気に作るため、
時間がたてばたつほどリスクはある。つまり夜になると半分腐っているという事も決して珍しくありません。

僕らはこのトロトロにハマってしまったため、中ってしまったという事が考えられます。
ただフィリピン料理は個人的には日本料理に味付けが似ているものも多く、
とても美味しいと感じておりますのでご注意頂きお召し上がり頂きたいと思います。




 

バンケロハンマーケットが危険な理由

次にマーケットの肉魚野菜にも要注意です!
例えば有名なバンケロハンマーケットに行きますと、
そこら中にゴキブリ・ハエ時にはネズミが這いずっております(ハエは這いずれませんね(^^;))。

当然食材にも付着していて肉に平気で小さなゴキブリが、キャベツに巨大ゴキブリが乗っかっている事もごくごく自然な風景となっています。
そしてネズミです。ここはもしかしてディズニーランド?と思えるくらい居りますねずみが。

そんなところが衛生面バッチリと言えるでしょうか?言えませんね。
衛星もへったくれも無いとはまさにこのこと。
なので購入するにしても、自宅に戻り次第必ずよく流水で洗い流すことを強くお勧めします。

 

出店の買い食いは要注意!

 

次に出店での買い食いですね。
これはトロトロと同様道端に出ているお店で売っているもの。
例えば串焼き・串揚げ、卵揚げやたこ焼きなど様々あります。

安くて美味しいのが大変魅力的ではありますが、
トロトロのように鍋に入って蓋がされているわけではなく、
裸で出されているもしくは簡単なクリアボックスに入っているだけですので、
ハエはいとも簡単に吸着可能ですね。(^^;)




 

生物はどこに行っても危険!

はい、次に生物ですね。
これはフィリピンに限らずの話にはなるのですが、
今回は恐らくイカに中ってしまったのかなと考えます。

イカはアニサキスという寄生虫が居り、
それが体内に入れば胃への激痛を引き起こしたり、下痢や嘔吐という症状が出ます。
僕はこれに約2週間悩まされました(´;ω;`)

イカは日本でも中ったことがありますのでどこに行っても危険なのですが、
イカのお刺身は辞められません(^^;)

あとはマグロなども売っていて、刺身で頂くことも可能なのですが、
それも心配だという方は焼いたり煮たり揚げたりされることをお勧めします。

 

結局水道水がヤバいので気を付けようがない!?

最後に、結局これらの物を調理する際、洗ったりする際に、
ほとんどが水道水を使っている事と思います。

日本は水道水が飲める国と言われていますがフィリピンをはじめとする多くの国がそうではありません。
現地人の方は問題なくても外国人である私達はダメというケースがほとんどかと思います。

したがって、根本的に水道水を使った料理を提供しているお店やトロトロ、
そして食材屋さんは厳密に言えば最初からその時点でアウトなのかもしれません。

 

食中毒にならない具体的方法

じゃあどうすれば良いのか?というところですが、
本当に気を付けたいとお考えの方はまず手洗いうがい、それからアルコールによる除菌、
それをした上で、トロトロやその辺の出店の食事を口にしない、
食材を購入するのはスーパーマーケットか冷蔵庫完備のお肉・お魚屋さんで購入。
生では口にせず必ず火を通してから食すなどでしょうか。

ただ、せっかくフィリピンに来たからには是非トロトロもそうですが色々試して頂きたいというのが本音なのですが・・・
という訳でフィリピンダバオに移住して8ヶ月の間に2回食中毒を経験した僕からのアドバイスでございました!

関連記事

Profile

ひーちゃん

2019年12月現在26歳で妻と3人の子供と海外移住!
詳しいプロフィールはこちら

検索




記事一覧

翻訳(Translation)

フィリピン人2名が監修したフィリピン語(タガログ語・セブアノ語・ビサヤ語)翻訳一覧表。フィリピンでの生活には欠かせないフレーズ・単語が一覧になっています。英語・スペイン語・ポルトガル語の翻訳も添えておりますので日本語⇔フィリピン語だけではイマイチピンとこないニュアンスも他言語との比較で分かるかもしれません!

A list of Filipino (Tagalog, Cebuano, Visayas) translations supervised by two Filipinos. A list of phrases and words indispensable for life in the Philippines. Translations in English, Spanish, and Portuguese are also included, so you may find nuances that do not come out well with only Native tongue ⇔ Filipino by comparing with other languages!