BLOG

フィリピンダバオ移住生活での日常や子育てなどについてブログに書いています。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. フィリピンの驚きネタ
  4. 高級コンドミニアムで起こった悲劇その1「隣人がライアー」
高級コンドミニアムで起こった悲劇その1「隣人がライアー」

高級コンドミニアムで起こった悲劇その1「隣人がライアー」

別に大したことではありませんが今日起きた事です。
タイトル通り隣人が嘘つきだという事が発覚した次第です。

 

僕はフィリピンのダバオで今のコンドミニアムに住んだ以外は、
ダバオ以外のマニラやセブを始めとする地域はもちろん、ダバオ内でも他コンドには住んだことがありません。
ですが恐らくある程度のコンドミニアムにはそのコンドお抱えのお掃除係さんが居ると思います。




廊下や階段のお掃除などをして頂いているお掃除さんですが、
今日、何と僕らが雇っている家政婦さんが「お宅の前がいつも汚い」と言われたそうです。
どういう事かと聞くと、「いつもゴミが出ていると」。そして家政婦さんは「うちじゃない」否定したと。

僕も妻もそれを聞いたとき、最初は何のことだかサッパリでしたが、あぁそういう事かとすぐに分かりました。

 

僕の家はバキューム(掃除機)を使っており、箒での掃き掃除は一切しません。
当然家の埃などはバキュームで吸い取り、それを玄関の外に出すという事は215%あり得ません。

で、お隣さんはというとバキュームを持っていないようで、
いつも家の中の埃を玄関の外に出してお終いで、いつも「汚いなぁ」と思っていました。
平気で飴玉の小袋みたいなものも落ちていたり、食べかすもそのままなので蟻がたかっていたり・・・

 

 

ただ隣人さんは感じの良い人達で、先日も「日本へ旅行に行ったんだ」と話しかけてきたり、
そこの家政婦さんの子(親子でその家に仕えているようです)も感じは非常に良いのです。
だから今までは特に気にしないようにして過ごしていました。

 

だけど、どうやら僕らが雇っている家政婦さんへと同じようにお掃除係さんが隣人を問うたところ、「これはうちじゃない」と言ったそうです。
構造を文章で説明するのは非常に難しいのですが、うちの玄関前・隣の家の玄関前が汚れているという事は、うちか隣人の内どちらかが汚している他無い訳なのです。




それが問われた時に「うちではない」と。=僕らに擦り付けたわけです。
これを聞いたときはちょっと言いに行こうか迷いましたが、
恐らくではありますが、僕は隣人の家は家政婦さんに少し厳しめな感じの印象を持っていて、
家政婦さんはコンドのハウスキーパーにそれを問われて「Yes」と言おうものなら、
後で雇い主のオーナーに叱られる恐れがあると考えて否定したのかなと想像しました。

もちろんそんな複雑な理由は無く単純に罪を擦り付けただけかもしれませんが(笑)

 

まぁ今回の事はハッキリ言ってどうでも良いようなことなのですが、
一つ言える事としては、いつも言っていますが、こちらの高級コンドミニアムは、
ある程度のお金持ちが住んでいて、確かに高級ではあるのかもしれませんが、
日本の高級マンション・タワーマンションなどと比べると色々な点で「うーん」となる事が多いです。

それだけでございます。

関連記事

Profile

ひーちゃん

2019年12月現在26歳で妻と3人の子供と海外移住!
詳しいプロフィールはこちら

検索




記事一覧

翻訳(Translation)

フィリピン人2名が監修したフィリピン語(タガログ語・セブアノ語・ビサヤ語)翻訳一覧表。フィリピンでの生活には欠かせないフレーズ・単語が一覧になっています。英語・スペイン語・ポルトガル語の翻訳も添えておりますので日本語⇔フィリピン語だけではイマイチピンとこないニュアンスも他言語との比較で分かるかもしれません!

A list of Filipino (Tagalog, Cebuano, Visayas) translations supervised by two Filipinos. A list of phrases and words indispensable for life in the Philippines. Translations in English, Spanish, and Portuguese are also included, so you may find nuances that do not come out well with only Native tongue ⇔ Filipino by comparing with other languages!