INTERVIEW

こちらでは、YouTube動画内のコメント欄やYouTubeライブ中に視聴者様より頂きましたご質問への回答をインタビュー形式でお答えしております。

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. インタビュー

インタビュー
視聴者様
不明

インタビュー

なぜフィリピンに移住をしたのですか?
実は、本来僕たちはアメリカ移住を将来的に考えていました。
もっと言うと、子供達が産まれる前はバックパッカーとして世界中を渡り歩きたいと考えておりました。

ですが、子供が3人産まれて、それらは少し現実的ではなくなりました。
なぜなら、金銭面・安全面を考慮した時に厳しかったからです。
アメリカ移住はVISA(ビザ)の問題、世界中を旅するのは治安面や赤ちゃんのミルクなど、
細かいことを考えますと断念せざるを得ませんでした。

ですが、家族5人、1LDKのマンションに暮らし続けるには少し狭くなり過ぎた・・・
そこで次に考えたのが2階建て一軒家への引越しです。

しかし、2階建ての一戸建てで生活をする上で懸念点がありました。
それは僕とファービー(妻)は実際にこれまでの人生で一軒家で生活したことがあり、
それぞれが一軒家で生活をすることで、部屋数が多い・面積が広い分、「家族との時間が失われた」という経験があったからです。

そしてもう一つ、お金の問題です。
日本で引越しを検討するとなりますとまずお金の面を考えなくてはなりません。

一軒家の賃貸となりますと安くても家賃が10万円以上はしてしまいます。
田舎の一軒家ならもっと安く住むことも可能ですが、その分不便だったり車が必要だったり・・・
したがって、利便性の良いエリアの一軒家となると10万円以上を毎月支払い続ける必要がありました。

次に、皆さんきっと利用すると思いますが賃貸物件を紹介してくれる仲介業者さんです。
当然紹介料として仲介手数料というものが発生し、会社によって差はあれど1か月分が基本だと思います。

そして次に問題なのが、敷金・礼金です。
これに前家賃などを加えますと最低でも50万円以上、家族5人ともなりますと自分らだけで引越しをするのは現実的ではなく、
引越し業者さんを利用しての引越しとなりプラスで10~20万円程度掛かる・・・・・

そうこう考えていると、ある時突然、「なら海外で良いじゃん」と思ったのです。
そこからは非常に早かったです。

移住先として理想とするアメリカから調べ始め、無理だと分かれば次にカナダ・・・
留学という扱いで行こうにも大人二人だけでも莫大なお金が掛かるのに、
それに加えて子供達の保育園などは?
加算すれば1か月で数十万円~100数十万円なんて事もあり得た訳です。

じゃあ物価が安い東南アジアは?

そう考えてファービーに相談したところ、
「アジアは嫌だ」その一言で片づけられました。
が、僕は折れず、ファービーの好きな英語”圏”の国ならどうか?

すぐに調べましたら、フィリピンという国がありました。
そこは公用語をタガログ語・英語としている国でした。
他にもタイ・ベトナム・カンボジア・台湾・香港などアジア圏を色々調べましたが、
結局どこもVISA(ビザ)の問題でダメ。

じゃあフィリピンはというと、なんと観光ビザ(ツーリストビザ)で、
本来29日間までの滞在可能日数が、”延長”を重ねる事で最長3年まで居れるというではありませんか!

英語圏だし、気候も大好きな温暖な気候、だが調べを進めていく内に、重大な問題が・・・
そう、”治安が悪い”との事です。

当たり前のように日本人観光客が、ボッタクリ・ホールドアップなどの被害に遭い、
時には大けがをしたり最悪の場合亡くなってしまったりが普通に起きていると。

もう駄目だなと諦めかけたその時、”ダバオ”という現大統領ロドリゴドゥテルテ大統領の出身地は、
とても治安が良いし、人々も温かい、気候も温かいという最高な情報をキャッチ。
さらに調べを進めていけばいく程、どんどんフィリピンのダバオに行きたいという欲が湧き立てられました。

で、結局フィリピンのダバオへの移住を決定し、その2.3か月後に実際に移住したのでした。
お仕事は何をされているのですか?
今現在はYouTubeへの動画投稿のみの底辺YouTuberでございます。
ちなみに2020年8月現在、収益化はまだ出来ておりません為収入は0円。
絶賛底辺ユーチューバー・無職のニートでございます。
フィリピンに居ながらどうやって収入を得ているのですか?
僕は実は17歳頃から自分で色々とやってきては失敗してを繰り返し、
収入を作れるようになってはダメになり、作ってはダメになり、波のある生活をしてきました。

そして失敗を重ねていく内に何とか成功して今があります。
それはちょうど子供(長男)が産まれた21歳の頃くらいから安定しだしたでしょうか。




それからも5年間は友達とも一切遊ばず、家に引きこもり、時には外に出て商談をしたり、
試行錯誤の末、世界のどこに居ても何をしていても関係なく収入が入る仕組みを作れました。




その不労所得のおかげで今は収益化も出来ていない無収入である底辺ユーチューバーを続けることが出来ています。
フィリピン移住生活に掛かる費用はどうされているのですか?
日本で構築した不労所得により生活をしております。